恋愛とトラウマ 1-1

Share on Facebook
Share on LinkedIn

girls-602168_640

 

 

恋愛とトラウマについて、すこしお話しましょう。

 

まず恋愛とトラウマといいう言葉には、

「恋愛にトラウマ」と「恋愛へのトラウマの影響」という二つの言葉には、

二つの意味合いがあることを確認しておきたいと思います。

 

はじめの「恋愛によるトラウマ」とは、以前の恋愛体験から負った心の傷のことです。

二つ目の「恋愛への影響」とは、幼少期の心の傷などが

恋愛にたいしてマイナスに働いてしまい、問題になる場合です。

 

「恋愛によるトラウマ」のほとんどは、失恋によるものです。

それによって劣等感や恐怖心が植え付けられて、

次からの恋愛にマイナスの影響となって出てきます。

 

その繰り返しがパターンになってしまうと、

「やっぱり私は」と悲観的になってしまいます。

その前に、心の処理としてのトラウマ・セラピーは、

何らかの形で必要だと思います。

 

幼少期のトラウマはその人の性格の特徴となり、

あらゆる面に反映されるということは、

この本を通して繰り返し述べていくことになるのですが、

「幼少期のトラウマ」というのは、

その人の人格形成に深く関わってくるものなので、

性格や考え方や恋愛に影響しないはずがありません。

 

しかし恋愛や結婚に特に悪影響となるトラウマの種類があるといえそうです。

 

女性 悩み (2)

 

 

 

それはたとえば、子供の頃、

父親の浮気が両親の喧嘩が絶えなかった場合や

異性や性的なものは汚いものだという考え方を

刷り込まれてしまった場合などです。

 

この場合、父親の浮気に苦しむ母親への同情心が、

知らぬ間に男性への憎しみや猜疑心となってしまったり、

性行為への嫌悪感などになってしまうものです。

 

もっとも、この二つは、元を正すと

一つの幼少期の経験(トラウマ)を突き止めることができるので、

単純に区分けできるものでないということを付け加えておきます。

 

すでに心当たりのある人もいるかもしれませんね。

本章では、幸せな関係のためのヒントや実践などのメッセージに加え

さらに最後に恋愛トラウマのチェックリストに基づいた気持ちに基づいた

セルフセラピーを用意しました。

 

傷ついた気持ちを思い出したり味わったりするのは、

けっして愉快なことではありませんが、

「このメッセージを今、私が目にしているのは

そろそろ癒される時期が来ているのだ」と解釈してみて、

ご自分のトラウマと向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

そして、素敵な愛へと羽ばたいてください。

 

 

引き寄せアカデミー