不安や怒りのトリセツ マイナス感情をおさめる方法②

森田療法 感情曲線 マイナス感情のトリセツ
Share on Facebook
Share on LinkedIn

不安や怒りのトリセツ
マイナス感情をおさめる方法②

 

 

昨日の記事から引き続き
マイナス感情をおさめる方法
についてお送りしていきます。

 

 

 

感情が鎮まらないからといって
感情を鎮めようと、がむしゃらになるということは
やめてください。

 

 

 

感情曲線という言葉が
森田療法にあります。

 

 

 

感情は、放っておくと元に戻るよ、鎮まるよ
ということなのです。

 

 

 

マイナス感情自体を毛嫌いして
「おさめよう、おさめよう」とすると
余計に気になって、おさまらなくなることがあります。

 

 

 

ちょっと動揺しちゃう
圧倒され気味、というときに
昨日のメソッドをお試しくださいね。

 

 

 

もうひとつ
こんな気持ちになっちゃう自分を
「責める」
ということをしないでください。

 

 

 

「悔しいと思ってる。焦っている」とか
「こんなことぐらいで落ち込むことない」
という気持ちになっている自分を
すぐには責めないでください。

 

 

 

そうした気持ちになった自分は
今の自分にとって
「自然なのよ。」
と許してあげてください。

 

 

喜怒哀楽というのは
自然なのです。

 

 

 

人間が、「不快か/快感か」という
フィルターを通すから
マイナス感情/プラス感情となるのです。

 

 

ちょっと欲求不満になるとか
ちょっとした感情の波で
動揺するということは、自然なことです。

 

 

 

自然なことに手をつけない

ということも
大切なことです。

 

 

 

 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼