引き寄せの法則「してはいけない願い方」に注意してくださいね【お金編】

お金 札束 一億円
Share on Facebook
Share on LinkedIn

引き寄せの法則
「してはいけない願い方」に注意してくださいね【お金編】

 

引き寄せの法則での
「してはいけない願い方」
お金編です。

 

シンプルに書いていきます。

 

肯定文でイメージを作ってください。

 

 

つまり、

「何々である」ということばです。

 

 

たとえば、

「借金」で

「もう苦しまない」というのは

「ない」という否定語がはいっています。

 

そこを肯定文にすると?

 

「豊かなお金が入ってくる」

 

「月収 ⚫︎⚫︎⚫︎万円の収入を安定して得ています」

というふうになります。

 

 

これはなぜかというと、

聖書にも

「はじめにことばがあった」
といわれ

 

天地創造は「ことば」によるものだった

と続いているように

また「ことだま」などとも言われるように

 

ことばがイメージ化され

それが脳に「現れ」

それが「実る」ようにできているからです。

 

 

それでなぜ

否定語ではなく 肯定語かといいますと

その「ことば」はピクチャライズされるからです。

ことばが「図」「絵」になるからです。

 

 

先の
「借金」で「苦し」まない

 

というのでは、

見事に

「借金」と「苦しみ」の図

イメージができてしまうわけです。

 

脳はそれを作り出そうと

働き出します

 

引き寄せの法則の源のエネルギーも

その波動や思念をキャッチして

 

「OK ! 」と

即座に応答しようと働き出すわけです。

 

 

引き寄せの力の源のエネルギー意識というのは
私たちの脳の中で作り出されたイメージや
ことばをいわゆる「発注されたもの」

として受け取っているんですね。

 

 

そして、そのエネルギーは

「まんま」受け取り反応しますので

(フォレスト・ガンプのように)

だから、

「これは欲しくない」って言ったんだから

わかるようなものでしょ、

 

と私たちには思えても

それは地球独特の「裏・表」の世界でのことであり

(マイナス X マイナス= プラスの世界)

宇宙にはそれがないらしいため

 

「ということは これが欲しいわけね」

というバイヤスはかけてくれません。

 

ということで、

してはいけない願い方とは

 

「これこれは欲しくない」とか

「もう⚫︎⚫︎はうんざりです」とかではなく

 

「どうなりたいか」

 

 

お金に困らない

ではなく

 

こんな生活もう嫌だ

でもなく

 

では
どうなりたいか

なのです。

 

そこを「考える」

すると脳の神経細胞が

新たな方へと進展していきます。

 

 

「豊かで安心した金銭がなみなみと入ってくる」

 

「私は金銭的に恵まれた生活をしています」

(そう言いながらそれを前頭葉に視覚化する)

 

 

より具体的にするならば

「私は起業し年収⚫︎⚫︎⚫︎円になります」

「私は仕事で成功した私の年収は
⚫︎⚫︎⚫︎万円になりました。
ありがとうございました」

 

その「お金」で
どんなものを買ったりして
どんなふうに楽しんでいるか

それらをヴィジョンするようにすると
なおよいですね。

 

 

Anyway,

「肯定語で」
基本中の基本ですのでよくよく覚えておいてくださいね。

 

そして、日常でも
マイナスXマイナス でプラスの意味にしている
つもり、で語っているところに気づいて

ことばを改めてみるようにすると
脳トレになってよいですよ。

 

あなたの願いがどんどんすいすい叶いますように !!!

 

 

 

 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼