願望をかなえるヴィジョン法

願望実現を加速させる習慣
Share on Facebook
Share on LinkedIn

願望をかなえるヴィジョン法

 


願望をかなえるヴィジョン法をお伝えします。

 

なかなか願いがかなわないとか
願望成就の進展がみられないときは
昼夜、意識のなかで
前方・時間の行き先を見ているか確認してください。

 

つまり目的・行き先を忘れて過ごしている時間がないかどうか
注意する、ということです。

 

新幹線のレールのように
前方にだけ意識を向けておきます。

 

新幹線はコンクリートの壁で覆われていたり
速さゆえに、周りの景色が見えないところが多いですね。

 

それだけ目的に向かってまっしぐら。
【前方】【行き先】【ゴール】しか見ていないということです。

 

 

願望を叶えるヴィジョン法

 

前方へ意識を向けるトレーニングとしては

 

★閉じた眼のなか前方を見つめ、
 その一点をしっかり見続けるようにします。

 

視線を動かさずに固定し、行き先に設定して定めます。

 

★今度は、まっすぐ縦のイメージで、深呼吸をしていきます。

 

前方のヴィジョンとは違い、
身体の深いところ、
身体に対して縦中心に軸があるとイメージし深呼吸します。

 

中心はみぞおち上部あたりですが
お腹・下腹部のほうにもっとエネルギーを通すつもりで
深呼吸してください。
お腹・下腹部を内側から外へふくらませるようなイメージです。

 

 

★次に、この軸から頭のてっぺん
 頂上のゲートと書いて頂門とも呼びますが
 そこがマンホール状にスーッと穴が開いているイメージ、
 あるいは観音扉がサーッと開いているところをイメージし、
 さらに20センチほど上に黄金色の天使の輪のような
 ゴールデンゲートがあるのを想像してください。

 

 

★身体の下から上へまっすぐ軸が通っていて、
 頭の上から、宇宙のそのまた上のほうに伸びていく。
 光の輪のゲートを通って、宇宙の光とつながる。
 そして大いなる光が
 どんどん身体へと注がれるのを感じます。
 そのようにして光とつながる。

 

 

このイメージ呼吸法は、意識の訓練でもあります。

 

なぜならその光は、
意識というエネルギー・意識というパイプを通って、
人間の肉体レベル・物理レベルに働く・現れるということが
できるからです。

 

こうして宇宙の力を通したら、

 

★最後に閉じた眼のなか前方に、願望をヴィジョンします。

 

前頭葉に【どうなりたい】を思い描くのです。
このとき、視線をブレさせず、凝視するようにします。

 

はじめは少し硬くなってしまうかもしれませんが
これをリラックスしてできることが理想的。

 

もう【そうなった】自分をよく想像し
うっとりと最高の気分を味わいましょう。

 

このときの状態が、あなたにとっての
【もうそうなった】波動となり
【そうなる】現実を引き寄せることは、もうおわかりですね!

▼ あなたにおすすめの記事♪ ▼
「引き寄せが叶う仕組み」

 

 

 

 

 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼