言いたいことが言えない 神経症的コミュニケーション

いつも同じパターンで失恋してしまう人へ
Share on Facebook
Share on LinkedIn

言いたいことが言えない 神経症的コミュニケーション

 

 

言いたいことが言えない

大事なことが伝えられない

当たり前のことを自然と表現できない

 

ということがありませんか。

 

子ども時代

家族の中に、突然激怒するような人がいたりすると

 

その人の感情を逆撫でしないように

逆ギレさせないように、と

 

腫れ物を触るようにコミュニケーションしてきた

ということがあります。

 

 

 

そうしたコミュニケーションのことを

「神経症的コミュニケーション」

といいます。

 

 

 

子ども時代からの長年の経験から

 

【言いたいことを自然という】→【危険】

 

と、心がすっかり覚えこんでしまっているのです。

 

 

 

そうしたトラウマの持ち主はなぜか

同じようなトラウマ関係を

再現してしまうものです。

 

 

 

ここが

「思いがすべてを創り出す」

「波動の法則」と関係があるとも

私は考えています。

 

 

 

心のセラピーをして、

心を癒し、心を強め、実際表現を練習すれば

人との関係も変わります。

 

 

人生はよいほうへと開けます。

 

 

自分をよりよく、

よりらくな方へ変えることはよいことです。

 

 

 

言いたいけれど言えないこと

言いづらい相手に対して、

ちょっと勇気をもって伝えてみましょう。

 

 

 

その勇気が自分への愛。

愛がすべてを可能にします。

 

 

 

 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼