自分を愛するステップ【感情を味わう】

Share on Facebook
Share on LinkedIn

自分を愛するステップ【感情を味わう】

 

 

あなた自身に
こうたずねましょう…「今なに感じてる?」


 

この記事を読んでくださっているあなたに

 

ちょっと
試してみて欲しいことがあります。

 

 

意識
この文字に向けられているでしょうが

 

読みながら聞こえていること

視界に入っているもの

 

意識してみていただけますか?

 

 

読みながらも
意識を向けさえすれば

 

周りの音や視界を
意識することができますよね。

 

 

この「意識の向き」のことを

 

私は

「意識の矢印」と呼んでいます。

 

 

この意識

 

今度は
ご自分の気持ちに向けてみて

 

胸の内で感じていること
感じてみてください。

 

 

このとき

 

呼吸の吸い込まれる胸のうちに
意識をつけていくつもりで行なうと

 

意識の向け方
わかってくることと思います。

 

 

この要領で
これからは たえず

 

ご自分自身に

「今なに感じてる?」

たずねるようにして

 

気持ちや感情を
感じるようにしてみましょう。

 

 

しっかり「味わう」ことで
 感情免疫力は高まります

 

感情や気持ちは
その時々の
体験や思考をもとに

 

絶えず
自然発生しています。

 

 

意識の矢印を利用して

 

自然な感情気持ち
仲良しになっていきます。

 

 

これが

 

ご自身の感情を味わう力

 

すなわち感情免疫力アップの
ファーストステップとなります。

 

 

私たちは
ついイライラして
ひどいことを言ってしまったときなど

 

「無意識に」
という言葉を使いますが

 

本来 無意識状態とは

 

気絶しているとき
寝ているときにしかならない状態です。

 

 

「気づこうとすれば気づくことのできる
 意識の領域」のことを

 

無意識とは区別する意味で

 

私は「非意識」と呼んでいます。

 

 

「今 なに感じてる?」
心に問いかけてみると

 

これまで非意識だった

 

焦りや不安のなりはじめ

 

また
無理や我慢の
ふくらみ加減などを感じられるようになります。

 

 

自分自身の心の動きを
レポーターが実況中継するような感覚で

 

「今なに感じてる?」

 

しばらくのあいだこれを

「深呼吸」「意識の矢印」

徹底的に練習してみてください。

 

ポイントは【共感すること】

 

ご自分のお気持ちに
意識を向け(私は「意識の矢印」と呼んでいます)

 

気持ちや感情を

 

たえず
感じるようにしてみましょう。

 

 

「今なに感じてる?」
意識の矢印で感じると

 

たとえば
お店のレジで支払いをしているとき

 

なぜか 慌てて
「焦っている」とか

 

他人の悩み話を聞きながら
「苦痛を感じている」など

 

 

これまで非意識だった不快
気づくことができるようになります。

 

 

そんな不快感情を感じたら

 

今度は ただ

「焦ってるね」
「苦痛だね」
「不快だね」

 

その感覚を感じてくれている
心に対して
言葉をかけるようにします。

 

 

「不快になるのは自然だよ」
「焦ってるね。よしよし」

 

ただその心の状態に
「共感」するようにしていきます。

 

 

ポイントは
そのときの自分の気持ちに

 

客観的に
ただ無条件に

「今 ○○な気持ちでいっぱいなんだね。
 それも自然だよ」

共感することです。

 

 

苦手な作業に根負けすれば
イライラするものです。

 

 

そんなときも

「ああ 今
 イライラしてきてるんだね。
 それも自然だよ」 と

口角上げて深呼吸。

 

 

なにしろ
共感すること
習慣づけるようにします。

 

 

これまでは

 

焦っている自分に不安になったり
イライラからやけを起こして
八つ当たりしたりしていたかもしれませんが

 

それは非意識
感情管理しきれないことから
起こっていたことなのです。

 

 

「ただ味わう」ことで
感情免疫力は高まります


 

マイナス感情
苦く 不快なので

 

これまでは
味わうより先に

 

非意識にぺっと吐き出したり
自動的にぐっと飲み込んだりする
習慣がついていたことと思います。

 

 

けれども それが

 

爆発や悪循環のもとになることが
多かったはず。

 

 

ですから
その不快

 

どう表すかということ以前に

 

これからは
非意識だった不快感情

 

心の事実として
あえて味わい 共感するようにしましょう。

 

 

不快をただ 味わうようにするだけで

 

感情免疫力
どんどん高まっていきます。

 

 

ひとりでいるとき
こうして

 

不快をウェルカムする習慣をつけると

 

不快な現実動揺することが
なくなってきます。

 

 

口角上げて深呼吸。

 


自然な心に

 

共感する言葉がけ
身につけるようにしましょう。

 

 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼