「聞きながら耳を塞ぐ」情報遮断術が大事

Share on Facebook
Share on LinkedIn

女性 後ろ姿 考える

 

IT革命などと盛んに言われ、今の世の中「情報社会」と言われますが

専門家の先生方は「高度情報化社会」と分析している、というんですね。

 

小学生でも持っている携帯電話も、少し前には、一部のビジネスマンだけのものでした。

30年ほど前のアパートでは、電話も共同で「呼び出し」て使うものでした。

その前には、TVもない家のほうが多かった。

 

そういう時代に比べたら、今まさに高度情報化社会ですよね。

本当に便利。ニュースだとか、天気予報、交通情報、その後

インターネットなども利用すれば、今知ることができる。

ところが、「社会が人間を受身にさせている」と言えると思うのです。

 

たとえば情報が身近だから、つい出費もしてしまう、という経験

ありませんか。買うつもりでなかったものを買ってしまう。

行く予定はなかったけど行ってみたくなった。そして行った結果、

楽しかったけど、お金も使った、なんてことが。

 

こういうことは、受ける側である私たちが、しっかりガードしておかないと、

大変なことになります。ローン地獄、なんてことも・・・

 

忍者ではないけれど、「情報遮断の術」、

職場の人間関係においてはすごく大事。

 

よく相談されることなのですが、異動した先の人たちが

文句ばかり言っている、とか、同僚が人の悪口ばかり言っている、

はじめは嫌だったけど、いつしか自分もうつってしまい、

最近家族の前とかテレビを見ているときでも、文句や悪口がすぐ出てくる、と言うのです。

これは受け身の証拠
影響される、似てきてしまうのです。
「性格同化現象」と呼ぶことができます。
事実、逆に、優しい人や丁寧な人といたらこちらの態度や気持ちまで、
優しく丁寧になっていた、などということもあったりするでしょう?

「朱に交われば紅くなる」の普通なのでしょうが、

同じようにはなりたくない」と思ったら

何らかの対策を備えておかなければなりません。
どうしたらよいか、は簡単です。

自分の頭の中、心の中に「情報遮断のスイッチ」をつけるのです。

そして、今だ、というとき、これだ、と思ったとき、

「はい、情報遮断、スイッチ・オン」と、指示するのです。

うつらないように力んだり、相手を批判するよりはるかに簡単であります。