光のエネルギーとつながる ◯◯しない練習

Share on Facebook
Share on LinkedIn

光のエネルギーとつながる ◯◯しない練習

 

 

【光のエネルギーとつながるために

   「頭で何も考えない」練習をしましょう】

 

 

頭で何も考えない。

 

頭に何も考えさせない
練習をしましょう。

 

 

頭で何か考えると
身体に何かをさせよう
という指令が働きます。

 

 

指令がでると
身体はその準備のために
構えの態勢に入るので
緊張します。

 

 

いつでも動ける態勢を
整えようとするので
筋肉が緊張するのです。

 

 

ゆるんだ状態を保つために
“頭に何も考えさせない”
よう切り替えてみましょう。

 

 

目を閉じ
深呼吸しながら

 

頭の中に
やさしく呼びかけを
繰り返していきます。

 

 

「なーんにも、考えないでいいよ~」

 

 

細胞にも
意識が伝わるといわれています。

 

 

神経細胞が
この呼びかけを読みとっています。

 

 

「なーんにも 考えないで、安心していいよ~」

 

「何々になったら、どうしよう」

 

という考えグセがあるかもしれません。

 

 

その考えグセを
やさしく鎮めてあげる。

 

 

そこに
新たなエネルギーが通されるのです。

 

 

「だいじょうぶ。
 力を抜いていいよー。
 なーんにも考えないでいいよー」

 

 

深呼吸しながら
自分自身に
繰り返し
呼びかけています。

 

 


神経や細胞も
安心しはじめています。

 

 


全身がどんどんゆるんで

心地よくなってきています。

 

 

ゆるんだ細胞
開かれた心に
愛の光が
どんどん注がれています。

 

 

光のエネルギーが
滝のように
あなたへ
どんどん注がれています。

 

 

深呼吸しながら
「ありがとうございます」

 

 

さあ
未知数の可能性を
どんどん吸い入れましょう。

 

 

すべて、すべては
うまくいっています。

 

 

今、すべてが
うまい方向へと流れはじめています。

 

 

閉じたまぶたの中
前方に

 

最高に愛され
最高にしあわせなあなたが
描かれています。

 

 

今、もう“そうなった自分”が
呼吸をはじめています。

 

 

そうなっている自分の気持ちを
胸の中で感じながら
深呼吸しています。

 

 

「最高にハッピーな恋愛がやってくる本」

(リズ山崎/情報センター出版局 より)

 

 

 

 
▼▼▼▼▼