波動を高める呼吸法

願望実現を加速させる習慣
Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

波動を高める呼吸法

 

 

波動を高める呼吸法…【動作】



波動を整えるには
瞑想がよいことは言うまでもありません。

 

が、
瞑想の時間をつくるとか
瞑想会へ通うということは、
なかなかできにくいのではないかと思います。

 

また、私は、
座禅会や瞑想道場など、
やりやすい環境で精神統一や
至福の境地を得ることができても、

 

騒音や人の声が
絶えず聞こえる日常で、
その境地を獲得することができなければ

 

整った波動現実を生きることには
ならないと考えます。

 

 

そこで、日常でできる呼吸法で、
いつでも整った心の波動を得ることができる
自分になってしまいましょう。

 

 

さっそく試してみましょう。

 

深呼吸してください。

 

深呼吸してみると、
普段の呼吸の深さで一旦止まりかけますが、

 

そこでさらに

「吸って吸って、もっと吸って」

意識的に吸うようにします。

 

吐くときも、
すっかり最後まで吐ききるようにします。

 

 

まずはこれを繰り返し、
深呼吸を習慣づけます。

 

 

日常では、
鼻から吸って
鼻から吐くのでよいでしょう。

 

 

胸式、腹式なども、
はじめはあまり意識しないでOKです。

 

慣れてきたら、
胸部にも腹部にも、
まんべんなく たっぷり吸い込むようにしてみましょう。

 

 

波動を整える呼吸法…【意識】

 

次に、
意識を内へ向かわせます。

 

要領としては

「吸い込まれる呼吸を感じてみるようにして」

目を閉じている場合は、
呼吸を眺めるようなつもりで」

行ないます。

 

イメージとしては、

船の碇(いかり)が、
深呼吸のたびに、
湖底に降りていくのをイメージします。

 

もしくは

大地に杭が打ち込まれていくようなイメージや、

 

自分が筒であると想像し、
その筒の底部から
呼吸が満ちていくというイメージでもよいでしょう。

 

 

ご自分にとって、
しっくりくるイメージで行なうのがよいと思います。

 

このような呼吸法をしていると、

自分自身の精神が、

「おさまるべきところに おさまっていく」

という感覚を得られるようになります。

 

ズレたりブレたりしていた中心が
静かに定まり、

 

心に波立ちのない、
確かな感覚を得られるようになります。

 

呼吸は私たちが生きている限り、
なされているものですから、

 

この練習には、
時間も場所も、お金も相手も不要。

 

呼吸でよい波動を確保することにしましょう。

 

 

 

あなたにおすすめの記事

【深呼吸】【意識する力】で 自分が変わります

 

 

 

 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼