幸せになれない理由

欲求こそが願望実現のエネルギー
Share on Facebook
Share on LinkedIn

幸せになれない理由

 

 

人によっては
好調な状態でいる時に
心の警笛が鳴る場合もあります。

それは

調子のよい時
有頂天でいる時に限って

心理的罰がもたらされた経験
よるものです。

 

たとえば
自分が笑顔でいる時に限って

親から叱られた経験や

 

きょうだいから
「お兄ちゃんばかりずるい」

などと責められた経験が
トラウマになっている場合です。

 

 

つまり その人にとっては

[笑顔] = [叱られる] = [心理的罰]

 

という

非意識の方程式
できあがっているのです。

 

 

そのような人は

自分がよい成績を取って
うれしい時でも

必死になって
うれしさを否定しようとするでしょう。

 

また せっかく来たチャンスなのに
遠慮してしまったり

 

恋愛では
悲劇の主人公になるように
自ら仕向けたりしがちです。

 

 

こんなふうに 一般的にいう

プラスの感情( [幸福] = [うれしい] など)

に対しての感情免疫力が低い
ということで

 

チャンスを逃すことさえ
あるのです。

 

 

子どもにとって家庭は
安全な領域です。

 

 

ところが

[家庭で親に受け容れられる]

それは

[いつもちょっぴり不幸な時]

と非意識に定義づけがなされてしまうと

このように

 

プラス感情が
苦手感情になる。

 

したがって

[落胆・不幸] = [安全・ご褒美]

というように

 

不快安全
ワンセットになってしまうのです。

 

 

このような心の定義は
目に見えない・自覚できない

 

信念形態(波動)となって
現実に投影されてしまいます。

 

 

目標に向かって努力しているのに

いつも
あと一歩のところで
失敗するとか

 

よい話が
お流れになる
というようにです。

 

頭の自分
その目標をプラスに捉えているけれど

 

非意識の心マイナスに捉えているので
そちらへ行くのは

 

心にとっては
危険なことになるのです。

「感情免疫力」で極上の人生を手に入れる―心のチカラで仕事、恋愛、人生に勝つ88の法則
(リズ山崎/主婦と生活社 より)

 
 
 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼