準備編3:「心」に気づくレッスン

Share on Facebook
Share on LinkedIn

準備編3:「心」に気づくレッスン

 

 

自分が呼吸していることを
感じてみましょう。

 

 

胸の中に空気が吸い込まれて
そして吐き出されている。

 

それを感じてください。

 

 

それは
「ここに呼吸をしている自分がいる
 ということに気づく」こと。

 

 

深く大きく息を吸って
たくさん吐き出す。

 

 

「深呼吸しながら
 その場に存在する自分」
じましょう。

 

 

ずっと深呼吸する
というのは意外と難しいですね。

 

 

でもこれができれば、
不快だったり、快適だったりといった
自分の心の感覚
感じられるようになってきます。

 

 

そうして、いらだちやストレスといった
たいていのマイナスの感情を
コントロールできるようになります。

 

 

例えば
「知らないうちにイライラして失敗した」
なんていうことがなくなります。

 

 

「あ、今自分は焦り始めているぞ」とか

 

「あ、今私は気持ちが脅かされている」と
わかるようになるんです。

 

 

そして、自分の気持ちを
平静に戻す呼吸をしてあげるとか

 

「ゆっくりしていいんだよ」と
落ち着かせる言動をかけることなどが
できるようになってきます。

 

 

呼吸はすべての基本。

 

 

焦っている時に、心拍数が上がり
息が上がって動悸が激しくなる

 

怒ったときは、呼吸が荒くなり
声が上ずるのは当然なんです。

 

 

呼吸をコントロールできるようになれば
自分の感情の動きを知り

 

どんなときも動揺せず
なんでも自分の心で、決められるようになるのです。

 

 

忙しい毎日の中で
社会に合わせて生きている私たち。

 

 

自分の心が気持ちよく生きるという
本来、当たり前のことができなくなって
私たちの心は悲鳴を上げます。

 

 

心の声にも
十分耳を傾けてあげましょう。

 

 

ひとりでいるときは
「心の声」に耳を傾けることも
あまり難しくないはずです。

 

が、職場や人との関わりの中では
せっかくうちに向けることの出来た意識が
たちまち断絶してしまう
ということがあるかと思います。

 

 

一方に注意が行き過ぎると
もう一方の注意は薄れたり
途切れたりするのも当然だからです。

 

 

でも訓練すればうまくなります。

 

 

イメージとしては
電話しながら

テレビを見ているような感じです。

 

 

意識の矢印が二つの方向に向けられている。

 

 

「内側を感じる意識」

「外と交わる意識」

ふたつの矢印をイメージで練習して

「心を基準」の生き方を身につけましょう。

 

 

 

 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼