引き寄せの法則を意のままに使いこなす方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

引き寄せの法則を意のままに使いこなす方法

 

 

心配事が芽生えると
つい
そちらのことを考えてしまうものです。

 

けれども
そのときというのは

 

起きてほしくないことを
想像していますから

 

 

「なりたい」ではなく

「なりたくないこと」を

思い描いていることになり

 

 

引き寄せの法則
潜在意識
時間の「行き先」

 

的の外へと
向かっていくことになります。

 

 

ですから
「恋愛」のたとえでしたら

 

「素敵な恋愛をしていつも幸せ
 笑顔で過ごす。
 感謝 ありがとう」

 

 

「運命の人と
 あたたかい家庭を築いて
 毎日ハッピー。
 嬉しい」

 

 

そうすれば
「素敵な恋愛」で

 

「幸せ、笑顔」

「あたたかい家庭」

「毎日嬉しい」

 

ピクチャーが
脳のなかに生まれます。

 

 

「お金」
のたとえでしたら

 

「お金に恵まれて
 いつも懐があたたかい。

 欲しいものや
 経験したいことが自由にできる
 豊かなお金に囲まれている私は
 裕福で幸せ。

 感謝、嬉しい、ありがたい」

 

 

そのように想像をし

 

脳に

 

「豊か」「裕福」「幸せ」「感謝」

 

のなかにいる
あなた自身が

ピクチャライズされます。

 

 

そうした
想像、イメージを定着させ

 

すでに
そうなった自分でいるように心がけ
喜び、感謝の状態を
持続させるようにします。

 

 

「読むだけで願いが叶う 引き寄せ体質のつくりかた」

(リズ山崎/祥伝社黄金文庫 より)

 

 

 

 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼