感情曲線 本当にポジティヴに生きるための感情コントロール

感情コントロール
Share on Facebook
Share on LinkedIn

感情曲線 本当にポジティヴに生きるための感情コントロール

 

自然な感情は
放っておけば元に戻る
自然と静まります。

 

 

本当にポジティヴに生きるための
感情コントロールシリーズ・3回目です。

ここまで、

喜怒哀楽という感情は
春夏秋冬のように自然なもので
プラス・マイナスはない

ネガティヴ感情の取扱説明書

感情をよく吟味する
感情受容力の大切さ

についてお話してきました。

 

落ち込んだ感情や
興奮した怒りなども
放っておけば、時間経過と共に
自然と元に戻り、静まります。

森田療法に
感情曲線という用語があります。

なにを意味しているかというと

感情的になったときというのは
感情的な行動をしがちですよね。
たいてい「しなきゃよかった」
ということになりませんか?

 

怒ったときも
「今、自分はこんな気持ちでいっぱいなんだ」
という感情を抱きかかえられないいので
それを打ち消そうと行動してしまうわけ。

 

感情を味わい、
抱きかかえることができると
時間を待つことができます。

 

怒り、悲しみ、イライラなどの感情に任せて
相手に行動して失敗するばかりでなく
パニック障害や心配性などの方も

 

「感情は、放っておけば
必ず自然と元に戻るもの」

だと覚えておいてください。

 

感情的になるのは、
自然だからよいのです。

 

ただ、感情に自分自身が動揺して
行動に移してしまうと
たいてい損してしまうことになるので
感情が元に戻るのを待ちましょう
ということです。

 

それに適しているのは
口角あげて深呼吸
こういう感情も自然だよ、だいじょうぶと
時間を少し保留にしてあげるのです。

 

 

 

次回の記事では、感情受容についてお話します!

 

 

 

 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼