アファメーションにも『ステップ』がある

Share on Facebook
Share on LinkedIn

アファメーションにも『ステップ』がある

 

 

私は、ステップ・アファメーションを提唱しています。

 

 

アファメーションにも
段階があるということです。

 

 

 

たとえば
お金持ちになりたい
と思ってきたときに

 

「お金持ちになることは、悪いこと」
という定義が頭の中にあるならば

 

お金の定義を変えるためのアファメーション
用いなければなりません。

 

 

あるいは、その人が
「お金持ちにぜったいになるのだ」
決断できない段階にあるならば

 

「今、私はぜったいにお金持ちになると
決断しました
というアファメーションになるわけです。

 

 

成就・自己実現するためには
完了系でそうなったところを想像して
アファメーションも

そうなりました」と唱えると教えるやり方があります。

 

 

でも、
身体の具合が悪く、数値も悪いというときに
「私は完全に健康になりました、
というアファメーションができません」
とおっしゃる方がいらっしゃいます。

 

 

けれども、
「あなたは、健康になりたいんですよね?
健康になろうと決めたんですよね?」と尋ねると
「そうです」と。

 

 

であるならば、
「なりました」という無理なアファメーションではなく
「今、私は、健康になろうと決めました。
私は今、どんどん健康になっているところです」

 

 

というふうに、
人それぞれ段階ごとの
ステップ・アファメーションを提唱しています。

 

 

成就のステップ

 

 

 

 

健康、愛される、パートナーを見つける、
お金、成功、人間関係に対して
「どの程度、得てもよい」
「どの程度だったら、欲してもよい」
という、人それぞれの段階があります。

 

 

その段階をとらえて行っていく
ステップアファメーションを提唱しているのです。

 

 

当サイトでも、

テーマ別ステップアファメーションを

ご紹介していきますから
どうぞご参考になさって、実践してみてくださいね。

 

 

おすすめ記事:お金のマイナス定義を書き換えるステップアファメーション

 

 

 

 

 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼