「いつも同じパターンで失恋する」 恋愛パターンの改善法

いつも同じパターンで失恋してしまう人へ
Share on Facebook
Share on LinkedIn

「いつも同じパターンで失恋する」 恋愛パターンの改善法

 

個人コンサルでは、恋愛コーチングになることも多々あります。

 

 

「彼氏ができない悩み」にたいしてということもありますが

「いつも同じパターンで失恋する」

という恋愛パターンについて検討することはとても多いです。

 

 

理性と感情といいますが、

恋愛ではとくに「頭でわかっていても」

感情が先行しちゃう

ということは、よくあることです。

 

 

が、そこをどうにか変えないと

旧式パターンは変わらない ですね。

 

 

性格もパターンも悩みも千差万別ですから、

カウンセリングで”事情聴取”しないと細かいお応えはできませんが

今日は、「過剰対応」というキーワードで

パターン改善についてお話しします。

 

 

 

大まかにいうと、過ぎる、ということです。

 

 

 

簡単なたとえでは

LINEなどで、相手のひとつの言葉に引っ掛かり

(この引っ掛かりの部分で、すでに「脳」が過剰に反応している)

ながながと説明したりする

(つまり過剰に対応する)ということ。

 

 

具体的にいうと、たとえば、

「〇〇だったの?」と聞かれたとき

大きくはYesかNoかで応えればよいところを

 

「?」を過剰にとらえて

”いけなかったという意味かな”などと

勝手に先回り解釈してしまう。

 

 

で、長々と言い訳的な説明してしまったり

あるいは

「だって、〇〇君(相手)だってコレコレでしょ」などと

結局 相手を責めるような対応になってしまったり

ということがある、などです。

 

 

ほんの一例ですよ。

 

 

これを改善するにはどうしたらいいか。

先日の記事、彼氏とケンカしない究極の秘訣でも書きましたが

まずそうした過剰反応なりの「パターン」にきづくこと。

 

 

気づかないから「いつものルート」へ行っちゃうわけですから

で、感情が先行してしまうときというのは

必ずそこに不安や恐れがあります。

 

 

そこにもしっかり気づいてください!

 

 

が、その不安や恐れも

私たちがいわば勝手に関連づけてしまっている

脳内定義のなせる業です。

 

 

 

なにしろ、あまり神経質にならないこと♪

 

 

 

今日は「恋愛パターン」から

「過剰対応」というキーワードとその改善法についてでした。

 

 

過剰に反応しないためにも、

いつも落ち着いた整った心を保ち

感情に突き動かされそうになったとき

「保留」ができるようになりましょう。

 

 

 
 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼