心に余裕をもつ方法 「心静かな時間」がない弊害

心に余裕をもつ方法
Share on Facebook
Share on LinkedIn

心に余裕を持つ方法 
「心静かな時間」がない弊害

 

 

黙想・瞑想・深呼吸
心静かな時間をつくると

身体も心も魂も
健康に、豊かになります。

 

 

 

ではそのは、どうなるでしょうか。

 

 

 

身体に心に魂に余裕がなくて
キツキツな状態になると

結局は、身体か心が
んでいくようにできています。

 

 

 

心が強い人は
身体化されやすかったり

 

身体が強い人は
あるとき心がポキッと折れたり

 

必ず、しわ寄せ
どちらかにくるようになっています。

 

 

 

過信をするか、

分かっていながら我欲が先行して
自分自身にゆとりを持たない、休もうとせず

 

「もうちょっとなら頑張れる」
「これぐらいできなきゃ恥ずかしい」

 

それらは『我欲』なのです。

 

 

 

社会の中で、人様と比べられている方は
それを『我欲』といわれたら
悲しい、悔しいことと思いますが

 

「自分が負けたくない」
「もうちょっと頑張ろう」
という勤勉な気持ちでさえ

 

自分自身の身体と心を
病の方向に追いやってしまうのであれば
それは賢明ではありません。

 

 

 

少しの時間の余裕の中で

 

「深呼吸をする」
「休む」
「瞑想をする」
「セルフヒーリングをする」

 

それだけで
身体も心もすごく活性化されます。

 

 

 

そちらに意識を向ける
時間を設けるということを行ってください。

 

 

 

病気になってから
後悔しても遅いのです。

 

 

 

身体、心はすごく正直で
精密です。

 

 

 

労わって、心静かな時間を設けましょう。

 

 

 

自然治癒力も増幅して
力が増すはずです。

 

 

 

 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼