職場でよい人間関係を持続させる方法 【人間関係のお悩み相談】

オフィス 良い人間関係を保つ方法
Share on Facebook
Share on LinkedIn

職場でよい人間関係を持続させる方法 
人間関係のお悩み相談

 

職場・オフィスの人間関係Q&Aということで
ご質問いただいています♪
(動画、スカイプの関係で
質問を読んでるスタッフの声が
途切れがちで聞こえづらくてごめんなさい~)

 

 

 

Q.

 

リズ先生、いつもビデマガを楽しみにしています。
早速、質問です。

職場で、いつも親しくしていて、
優しくしてくださる先輩がいます。

 

この先輩とは、座席が隣で、よく話すのですが、
今日は、いつものように話しかけると、
『ごめん、ちょっと今、忙しいから』と言われて、
『すみません』と自分の席に座っていたら
別の先輩が来て、その先輩に話しかけて、

 

そちらとは、会話を進めていて、
『あれ?私、もしかしたら、よく思われてると思っていたけど、
実は、よく思われていないのかな』
と悲しい気持ちになりました。

 

 

 

私は、なるべく人と接する時には、
先輩後輩関係なく、
相手との関係をよくしたい
親しくなりたい気持ちで接するようにしているので

 

こんな風にされると、
「どんな意図があるのかな」と気になってしまいます。

 

 

できたら、今後も、職場の先輩や同僚と親しくなり
よい関係を長続きさせるには、
どんな風に、捉えて、接したら、よいのでしょうか?

 

沖縄県 なっちゃんさんより

 

 

A.

 

ゆる~くいってください♪

その時、その時に『いろいろ』があるから
「これにはどういう意図があるのかな」
と思いたがりななっちゃんが
逆に、そういう出来事を引き寄せちゃってる感じがします。

 

 

 

「こうありたいと思う」という意気込み
こだわりみたいなものが
そうじゃない人もいるんだよ、というものを
突きつけられてしまうように
引き寄せちゃっているのでは?と思います。

 

だから、

全体を少しゆるめてみてください。

 

 

 

「ごめん、ちょっと今、忙しいから」
と言われたときに
「すみません」
という気持ちになる必要はありません。

 

 

ひとつの事を断られると
“全否定された”
と受け取ってしまうことはありません。

 

 

 

優しくしてくれる先輩にも
その時々、都合があるということです。

 

 

 

もっとゆるくていいのです。

 

 

 

相手の態度がすべて
なっちゃんの態度が悪いからだと
過剰内省、反省することはありません。

 

 

「自分のどこかに原因があるからじゃないか?」
と思うことは、自分を縛り
いつも他者を推し量ってしまうことになります。

 

 

物事を悪くとらない、
「自分がいけないんじゃないか」
という風にとらない

みんなとこれからも仲良くありたいのだから
『ゆるくいくこと』
ゆるみを持たせていただくために
今、経験しているのだ。
と捉えてみましょう!

 

 

 

 

職場でよい人間関係を持続させる方法 

人間関係のお悩み相談

をお届けしました。

 
 
 
 
 
もっと引き寄せ体質度を高めたい!という方は
『願いを叶える引き寄せメソッド365』でも
詳しくお話していますよ~♪
 
▼▼▼▼▼